演奏会・イベント ご案内&お申し込み

web画像のサムネイル

2018年6月21日(木)公演 / 開演:19:00開演 髙橋 弘治 バッハ無伴奏チェロ組曲演奏会 vol.1

会場:横浜市鶴見区民文化センター・サルビア 3F音楽ホール

2000年代、古楽の本場ベルギーを代表する古楽アンサンブル「ラ・プティト・バンド」のバロック・チェロ奏者として国際的に活躍。帰国後も様々なアンサンブル・グループでバロック・チェロの演奏を担い活躍中の髙...

詳細・お申し込みはこちら
WEB掲載画像のサムネイル

2018年9月11日(火)公演 / 開演:18:45 開演 フランス音楽の旅 第四回 ヴァイオリンソナタで綴る近現代の抒情

会場:ルーテル市ヶ谷センター ホール

今回のヴァイオリン出演は加藤えりなさん。イヴリー・ギトリス、J.J.カントロフら、フランス・ヴァイオリン楽派嫡流の薫陶をうけ、フランスでも日本でもラ・フォル・ジュルネに出演し、その後も各種アンサンブル...

詳細・お申し込みはこちら
WEB掲載画像のサムネイル

2018年5月17日(木)公演 / 開演:18:45 開演 フランス音楽の旅 第二回 クラヴサン・デュオの饗演

会場:日本ホーリネス教団 東京中央教会(大久保)

クラヴサンは登場以来、リュートに比類する伴奏楽器としての役割と共に、独奏楽器としての表現世界を飛躍的にひろげ、標題音楽も手掛ける主役楽器の地位を確立します。リュートから受け継ぐノン・ムジュレ(拍子指定...

詳細・お申し込みはこちら
web掲載画像のサムネイル

2018年4月25日(水)公演 / 開演:19:00開演 国枝俊太郎 ヨーロッパお国巡り 笛の旅 vol. 1

会場:横浜市鶴見区民文化センター

リコーダーを、フルート古楽器フラウト・トラヴェルソを、文字通り縦横無尽に吹き分ける国枝俊太郎氏。そんな彼が9本のリコーダー、トラヴェルソを持ち替え、楽器についてユーモアたっぷりなトークも交え、各国バロ...

詳細・お申し込みはこちら
ウェブ掲載用チラシ画像のサムネイル

2018年3月6日(火)公演 / 開演:18:45 開演 開幕!フランス音楽の旅 第一回 歌唱と器楽の百花繚乱 ~エール・ド・クールからフレンチ・カンタータへ

会場:日本ホーリネス教団 東京中央教会

日仏交流160周年に当たる今年は、フランス音楽の室内楽シーンを後期ルネサンスから近現代に掛け、前5回に亘ってその歴史を辿って参ります。旅の第一回は、フランスの後期ルネッサンスからバロックに掛け、歌唱と...

詳細・お申し込みはこちら
サイト掲載用のサムネイル

2018年2月20日公演 / 開演:19:00開演 中丸まどか 無伴奏バロック・ヴァイオリン リサイタル

会場:日仏文化協会・汐留ホール

ベルギー国王夫妻の御前演奏が放映され一躍注目を集めましたが、ベルギーを拠点に、アンサンブルにソロ、そしてコンサートマスターと、世界で活躍中の中丸まどかさんの来日が決定、2018年2月20日(火)日仏文...

詳細・お申し込みはこちら
チラシWEBデータのサムネイル

2018年1月24日(水)公演 / 開演:18:45 開演 イタリア音楽の旅 最終回  国境を越えて~イタリアゆかりの古典派作曲家たち

会場:東京中央教会

イタリアでオペラが次第に支配的な音楽様式になっていく18世紀以降、オーストリア、スペイン、フランス、イギリスなど、ときに本拠を移し国境を越えて活躍、伝統の器楽合奏の命脈を繋いでいったイタリアの音楽家た...

詳細・お申し込みはこちら
imagesのサムネイル

2017年9月24日(日)公演 / 開演:14:00 イタリア音楽の旅 第三回 ヴィヴァルディ「四季」(戸塚公演)

会場:横浜市戸塚区民文化センター 4f 戸塚さくらプラザ ホール

~イタリア音楽の旅 第三回「ヴィヴァルディ 四季」~ お待たせいたしました!一世を風靡した前イ・ムジチ合奏団のコンサートマスター、アゴスティー二さんの招聘に成功し、同氏ソロ・ヴァイオリンによる歴史的...

詳細・お申し込みはこちら
imagesのサムネイル

2017年9月22日(金)公演 / 開演:18:30 イタリア音楽の旅 第三回 ヴィヴァルディ「四季」(イタリア文化会館公演)

会場:イタリア文化会館 B3fアニェッリホール

お待たせいたしました!一世を風靡した前イ・ムジチ合奏団のコンサートマスター、アゴスティーニさんの招聘に成功し、同氏ソロ・ヴァイオリンによる歴史的名演の「ヴィヴァルディ・四季」を12名の弦楽合奏との競演...

詳細・お申し込みはこちら
imagesのサムネイル

2017年4月21日(金)公演 / 開演:19:00 イタリア音楽の旅 第二回 ~オペラへの道~

会場:イタリア文化会館(東京九段下)

宮廷サロンで人気の世俗歌曲は、演劇の幕間にも登場し、やがてオペラへの道を進みます。現存最古のオペラの生き生きとした表情や、イタリアらしい感情表現豊かな曲の数々をお楽しみください。

詳細・お申し込みはこちら