お知らせ一覧

2018.10.05 update 速報! 2019年中丸まどか(バロック・ヴァイオリン)& W・ドゥコーニンク(チェンバロ)来日 東京・横浜公演決定!

今年2月汐留ホール、バッハの無伴奏パルティータ2番「シャコンヌ」で、会場を感動で埋め尽くした中丸まどかさんが来年3月に来日、東京・横浜公演共に、日程・会場が決まりました。

東京公演は3月6日(水)19:00pmにすみだトリフォニー小ホールで開催。横浜・湘南方面の皆さんには、「鶴見de古楽」2019年シーズン開幕 3月7日(木)19:00pm鶴見サルビア・音楽ホールの開催も決定しました。                全席指定席のチケットは12月15日発売予定です。

今回は、中丸さんもメンバーのバッハを中心とする合奏団ヒルデブラント・コンソートの総監督でもあり、作曲家でもあるワウター・ドゥコーニンク氏を伴い来日。バッハのヴァイオリン・ソナタを、同時代オリジナルのバロック・ヴァイオリン=ヘンドリック・ヤコブスと、まさしく同曲が作曲されたケーテン時代にバッハが弾いていたミートケ・モデルのチェンバロを使い共演!当時の忠実な演奏環境を再現しつつ、現代的な感性に訴える唯一無二の演奏をお届けします。どうぞ、ご期待ください。

参考動画:https://www.youtube.com/watch?v=tRdXHg9ai-w