浦山 純子 < 出演者一覧

<ピアニスト 浦山純子 音楽の友社評>
“・・・実に個性的なピアニストだ。ダイナミックで起伏も大きく、ピアノを鳴らすということにかけても秀でている。音色にしても多彩なパレットを有しており、打鍵もしっかりしているから作り上げる音像の輪郭も明確、歌心溢れ・・・”「音楽の友」誌

☆ ☆ ☆
桐朋学園大学音楽学部ピアノ科卒業後、ポーランド国立ワルシャワショパン音楽院に留学。1995年ラジヴィーウ国際ピアノコンクール優勝、及び最優秀ショパン賞(ポーランド)、98年ポリーノ国際ピアノコンクール最高位(イタリア)を始めとする数々の賞を受賞。
96年よりロンドンを拠点とし、名門ウィグモアホールにてデビュー。ヨーロッパ各国でソロリサイタル、コンチェルトから室内楽に至るまで幅広く活動し、2002年にはウラディミール・アシュケナージ指揮フィルハーモニア管弦楽団とグリーグ:ピアノ協奏曲を共演し成功を収め、再びフィルハーモニア管弦楽団に招かれて同年チチェスター音楽祭にて演奏。
05年に帰国、銀座・王子ホールでデビュー後、多彩な企画で演奏活動を展開し、スタインウェイ・ジャパン㈱の“Young Virtuoso Series”のアーティストとしても全国各地でコンサートを行ったほか、国内外で教育・福祉関係のためのチャリティ活動にも力を入れている。
09年よりスタートさせたリサイタルシリーズ「心の旅への誘(いざな)い」は、「奥の細道」から着想された柏木俊夫作曲:『芭蕉の奥の細道による気紛れなパラフレーズ』を取り上げる独創的な企画が注目を集め、リサイタルと連動して発表した本作品の全曲録音CD〈VOYAGE ヴォヤージュ〉は、その文化・芸術的価値を高く評価されて文化庁芸術祭に選出された。
14年からは自身の代名詞ともいえる作曲家、ショパンとラフマニノフの生涯を追う全4回のリサイタルシリーズ「ショパン&ラフマニノフの世界」を開催。第1回に連動して〈CONCERTOS コンチェルト〉(ショパン:ピアノ協奏曲第1番&ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番、山下一史指揮/仙台フィルハーモニー管弦楽団)をリリースするなど、華々しくコンセプチュアルな企画が好評を博した。
18年からは、前半はピアノソロ、後半は毎回異なるゲストを迎えた室内楽という、多彩かつ豪華なリサイタルシリーズ「With Friends」をスタート。
CDはこれまでに、03年〈Piano Recital ピアノリサイタル〉、05年〈Fantasie ファンタジー〉、07年〈Soirée ソワレ〉(以上イギリス・シンフォニカレコード)、12年〈VOYAGE ヴォヤージュ〉、14年〈CONCERTOS コンチェルト〉、17年〈Serce セルツェ〉(以上ソニーミュージック/ミューズ)をリリースしている。
浅野繁、奥村洋子、安川加壽子、アンジェイ・ステファンスキ、スラミタ・アロノフスキ各氏に師事。
スタインウェイ・アーティスト。   オフィシャル・ウェブサイト:http://www.junkourayama.com/

ただいま、ヴィア・ガレリアでは新規の会員を募集しております。