鶴見de古楽 5月12日(火)国枝俊太郎「笛の旅」vol.3

A4flyer_front-変換済み (1)のサムネイル

毎年春、フラウト・トラヴェルソ、リコーダー、フラジオレットなどの風情豊かな数々の音色で季節の訪れを寿ぐ国枝俊太郎「笛の旅」、はや3シーズンを迎え、氏の一方ならぬ楽器と音色への愛着を、ソムリエの目利きによる、特選の7本の笛と楽曲のベスト・マリアージュでお届けします。今回はハンス・マルティン・リンデへの思いも詰まった総象牙製のアルトリコーダーも登場し、その響きを鶴見の最高音響で味わいください。そして、まさに18世紀末に製造された当時のオリジナルのトラベルソも2本登場します。ふさわしい選曲でその当時のままの演奏をお楽しみください!

そして、それら解説を、ソムリエ国枝氏のユーモアあふれる軽快なナヴィゲーションでお届けするのは、毎回ご存じの通りです!