9月19日 神戸愉樹美ヴィオラ・ダ・ガンバ合奏団 饗宴の夕

A4flyer_20190919-変換済み (1)のサムネイル

こんなガンバ・コンソートは他にはありません!なぜなら、グループ自身で作曲家に作曲を直接委託してグループ・オリジナルの曲として演奏できるからです。廣瀬量平「高貴な猫の組曲」、髙橋伸哉「水の王宮」、D.ローブ「王子の狐」、いずれも目から鱗の傑作ばかり。時代と共に生きるヴィオラ・ダ・ガンバの表情と変わらず人々を魅了し続けるその音色で、皆さんに未体験の感動をお届けします!そして、イザーク、ジェンキンス、パーセル、バッハの伝統的コンソートの雄も確り味わえる稀有な演奏会です。詳細は「最新のお知らせ」の演奏会案内を!