11月12日(木)鶴見 国枝俊太郎 笛の旅 Vol.3 待望の登場

1112笛の旅のサムネイル

今年は春に東京の明日館でも招待講演を実現した国枝さんの「笛の旅」。あのフラウト・トラヴェルソのオーソリティの有田正弘さんからも「感銘」のコメントを頂戴した内容は、この秋も健在です。  復活公演ともいうべき東京公演とはまた別プログラムに組みなおし、5月の復活公演内容から更にリニューアル=パワーアップの内容でお届けします! 今回もフレンチ・フラジオレット、ヴォイス・フルート、リコーダー、フラウト・トラヴェルソから5本の笛たちが登場、国枝さんの軽妙な解説トークに乗って、笛たちが持つ可能性の広がりを贅沢に味わってください。

そして今回は、岡田龍之介さんのチェンバロによる、巨匠フローベルガーの傑作組曲「第19番」が遂に登場します。同氏が敬愛してやまない孤高の巨匠の陰影に富んだ深淵の響きが、4百年の時を越え、聴く者の心を捉え無限の沃野にお連れすることでしょう。